自動車保険・任意保険を安くしたい方に役立つ保険情報ガイド

自動車保険(任意保険)の種類と補償内容

自動車保険(任意保険)には、ドライバーや搭乗者など「人」に対する損害を補償する保険、相手の車両や建物など「モノ」に対する損害を補償する保険、災害や盗難などで受けた「自分の車」に対する損害を補償する保険などがあります。

それぞれの補償内容や適用条件を確認して、ご自分に必要な自動車保険選びを行ないましょう。

「人」に対する損害を補償する保険

対人賠償保険
他人を死傷させてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険だけでは不足する補償を補足するための保険です。治療費、慰謝料、給料(逸失利益)、休業損害、入院費などが対人賠償保険(対人保険)の保険金から支払われます。
搭乗者傷害保険
保険契約車両に搭乗していた全ての搭乗者(運転者も含む)が、事故により死傷したり、後遺障害を負った場合に補償される保険です。搭乗者傷害保険では、死亡保険金、通院費、入院費、後遺障害保険金などが支払われます。搭乗者傷害保険は保険金の支払い請求を行なっても等級には影響しません。
自損事故保険
運転者が自ら起こした単独事故や、他車に衝突するなど、100%過失がある事故により、運転者が死傷したり、後遺障害を負った場合に補償される保険です。自損事故保険では、死亡保険金、通院費、入院費、後遺障害保険金などが支払われます。
人身傷害補償保険
自動車事故により運転者や同乗者が死傷したり、後遺障害を負った場合、過失割合に関わらず補償される保険です。保険会社により補償範囲は異なりますが、人身傷害補償保険では、歩行中の事故や保険契約車両以外の自動車を運転中に起きた事故の場合でも補償されます。
無保険車傷害保険
事故の相手が対人賠償保険に加入していない無保険車などにより、十分な補償が受けられない場合、自らが契約している自動車保険で対人賠償保険と同一額(無制限の場合は2億円が限度)が補償される保険です。死傷したり、後遺傷害を負った場合に保険金が支払われます。

「モノ」に対する損害を補償する保険

対物賠償保険
事故により他人の物(自動車、建物、電柱、ガードレールなど)を破損、汚損、減失などの損害を与えてしまい、損害賠償責任を負った場合に補償される保険です。タクシーや運送業など、事故の相手が業務用車両の場合には、営業損失や休業補償の賠償金も対物賠償保険から支払われます。

「自分の車」に対する損害を補償する保険

車両保険
自動車の衝突事故、災害、盗難、イタズラなどで自動車に損害を受けた場合に補償される保険です。一般車両保険エコノミー車両保険、エコノミー車両保険+車両危険限定A特約など、補償範囲や免責金額が異なる車両保険が用意されています。(関連:車両保険の種類と補償内容

注目の情報

SBI損保の自動車保険
自動車保険の更新が近づいている方必見!保険料が安くなるチャンス!
ネットでのお手続きなら最大6,000円割引!