自動車保険・任意保険を安くしたい方に役立つ保険情報ガイド

自動車保険(任意保険)とは?

自動車保険とは一般的には任意保険のことを示していて、自賠責保険(強制保険)だけでは補償されない部分を補う自動車の損害保険です。任意で加入する保険ではありますが、約7割のドライバー(自動車)が対人賠償保険対物賠償保険などに加入しています。

自賠責保険と任意保険の補償範囲や保証金額の違いを理解することで、自賠責保険だけでは最低限の補償しか受けられないことがわかると思います。万一の事故に備えて、自動車保険(任意保険)に加入することも自動車を運転する者にとって大事なマナーの一つです。

自賠責保険(強制保険)と任意保険

自動車損害賠償責任保険は、一般的には自賠責保険と略称で呼ばれることが多く、自動車を使用するにあたり強制的に加入が義務付けられているため、強制保険とも呼ばれています。自賠責保険を付けずに車を運行した場合(無保険)には、50万円以下の罰金または1年以下の懲役、及び違反点数が6点となり免許停止処分に罰せられます。

自賠責保険(強制保険)の補償内容

交通事故による被害者を救済することを目的としているため、運転者自身のケガや、相手の車両や他人の建物などを破損させた対物賠償事故の場合は、自賠責保険の補償の対象外となっています。また補償額も少なく、ケガの場合で最高120万円、死亡の場合3,000万円、後遺障害の場合4,000万円までとされています。

損害の範囲と被害者1名あたりの支払い限度額
傷害による損害 治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料として最高120万円。
後遺障害による損害 逸失利益、慰謝料など、後遺障害の程度により、第1級(最高3,000万円)から第14級(最高75万円)まで区分される。神経系統、精神、胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合、常時介護を必要とする場合のときは最高4,000万円、随時介護の場合は最高3,000万円。
死亡による損害 葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族)として最高3,000万円。
死亡に至るまでの
傷害による損害
治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料として最高120万円。

任意保険の補償内容

自賠責保険では補償されない部分や損害賠償の不足分を補填するための保険です。ドライバーや搭乗者など「人」に対する保険、相手の車両や建物など「モノ」に対する保険、災害や盗難などで受けた「自分の車」の損害を補償する保険などがあり、必要な保険の種類と補償内容を選ぶことができます。保険料を安くするための割引制度、補償内容を充実させるための特約制度なども多数用意されています。(関連:自動車保険の種類と補償内容

リスク細分型自動車保険

リスク細分型自動車保険とは、損害保険会社が金融庁が定める9つの基本的なリスク要因を独自の基準でさらに細分化して、事故リスクが少ないと考えられる被保険者に対して、保険料を安くする自動車保険です。外資系の損害保険会社や通信販売を行なっている自動車保険会社(ダイレクト系自動車保険)の多くが採用しています。

金融庁が定める9つのリスク要因
年齢 被保険者の年齢、担保年齢による違い。
性別 男女の性別による違い。
運転歴 被保険者の事故歴の有無、経験年数などによる違い。
使用目的 自家用、業務使用などの違い。
使用状況 年間の走行距離などによる違い。
種別 乗用自動車、貨物自動車、軽自動車などによる違い。
安全装置 エアバッグABS横滑り防止装置盗難防止装置などの有無による違い。
所有台数 1台目と2台目以降による違い。
地域 全国を7つの地域に区分し、地域別による事故率等の違い。

リスク細分型の自動車保険を選択することで、すべてのドライバーの保険料が安くなるとは限りません。事故率の高い区分に属しているドライバーの場合には、リスク細分型自動車保険に切り替えることで、これまで以上に保険料が高くなる可能性もあります。

ダイレクト系の自動車保険とは?
代理店を利用した営業活動は行なわず、顧客とダイレクトに取引ができる直販方式を行なっている損害保険会社のことです。自動車保険の見積もり、保険契約のお申込みなど、電話やインターネットを利用して受け付けることによってコストダウンをはかり、その分を保険料に還元することで安く設定しています。

注目の情報

SBI損保の自動車保険
自動車保険の更新が近づいている方必見!保険料が安くなるチャンス!
ネットでのお手続きなら最大6,000円割引!